3/15をもってサービスを停止いたします パパイヤnew

ハナタデ

タデ科 イヌタデ属

Persicaria posumbu var. posumbu

〔基本情報〕
林縁や湿った林内などでみられる高さ20~70cmの一年草。
茎は枝分かれしながら、下部が地を這うか立ち上がって、上部が直立します。
葉は互生する単葉で、長さ2~11cm、幅1~4cmの卵形となり、先が尾状にとがります。
葉の両面にはまばらに毛がはえ、ふつう表面に八の字形の黒っぽい模様があります。
托葉鞘は筒状で、脈上に粗い毛がはえ、縁毛は托葉鞘とほぼ同じ長さです。
茎先や葉腋から偽総状花序を出し、まばらに花をつけます。
花には花冠はなく、紅色~白色の萼がめだちます。
果実は3稜のある痩果で、光沢のある黒色です。
葉の幅や花序の長さ・密度には変異があります。
名前 ハナタデ (花蓼) 、ヤブタデ (薮蓼)
花咲く季節 ? 8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(北海道~琉球)、南千島、ウスリー、朝鮮、中国、台湾、東南アジア、ヒマラヤ
生活型 ? 一年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? イヌタデ
草丈・樹高 ? 200〜700mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 偽総状花序
花の色 ? 赤、桃、白
実の色 ? その他
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ハナタデ