筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

イシミカワ

タデ科 イヌタデ属

Persicaria perfoliata

〔基本情報〕河原や道端でみられるつる性一年草。
茎は他のものに絡みつきながら長さ1~2mに伸び、鋭い下向きの刺がはえます。
葉は互生する単葉で、長さ2~4cm、幅3~5cmの三角形で、基部近くに楯状に葉柄がつきます。
葉柄にも下向きの刺がはえます。
托葉鞘は葉状で、大きく、円形で、茎を抱きます。
茎先または葉腋に短い総状花序を出します。
花は淡い緑色で、花冠はありません。
花序にはまるい盾形の苞葉がつきます。
果実は径2~3mmで球形の痩果で、光沢があり、黒色です。
果実の時期まで残る萼が鮮やかなるり色になって果実を包みます。

〔利用〕全草を杜板帰(コウバンキ)とよび、薬用に用います。
名前 イシミカワ
花咲く季節 ? 7月、8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(北海道~琉球)、朝鮮、中国~インド
生活型 ? つる性草本
生活様式 ? 地生
形状 ? つる
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 総状花序
花の色 ?
実の色 ?
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? イシミカワ