3/15をもってサービスを停止いたします パパイヤnew

オオケタデ

タデ科 イヌタデ属

Persicaria orientalis

〔基本情報〕
日当たりのよい空き地などでみられる高さ1~2.2mになる一年草。
全体に毛がはえます。
茎は直立して、枝分かれします。
葉は互生する単葉で、長さ10~30cm、幅6~20cmの卵形です。
長さ2~8cmの偽総状花序を出し、密に花をつけます。
花には花冠はなく、淡い紅色ときに白色となる萼がめだちます。
果実は痩果で、光沢のある黒色です。

〔来歴〕
江戸時代に薬草として導入され、その後観賞用に栽培されたものが逸出して野生化しています。

〔利用〕
種子や葉を薬用とします。

〔栽培〕
増殖は実生によります。
こぼれダネでもよく増えます。
日当たりのよい場所であれば土質を選ばずよく育ちます。
名前 オオケタデ (大毛蓼) 、オオベニタデ (大紅蓼) 、ベニバナオオケタデ (紅花大毛蓼)
princess-feather、kiss-me-over-the-garden-gate
花咲く季節 ? 8月、9月、10月、11月
分布または原産地 ? 中国中南部、台湾、東南アジア、インド
生活型 ? 一年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月、9月、10月
草丈・樹高 ? 1000〜2200mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 総状花序
花の色 ? 桃、白
花序の長さ ? 20〜80mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 切花、公園・庭園
有用 ? 薬用
日本花き取引コード ? 50906
検索サイトの検索キー ? オオケタデ