3/15をもってサービスを停止いたします 最後はアマドコロnew

サクラタデ

タデ科 イヌタデ属

Persicaria odorata subsp. conspicua

〔基本情報〕
日当たりのよい湿地にはえる高さ30~100cmの多年草。
細長い地下茎をもちます。
茎は下部で枝分かれし、上部が立ち上がります。
葉は互生する単葉で、長さ6~18cm、幅1~3cmの披針形です。
葉の両面に短毛がはえ、黄色い腺点があります。
茎先から偽総状花序を出し、ややまばらに花をつけます。
花序の上部はしばしば垂れます。
花には花冠はなく、淡い紅色の萼がめだちます。
果実は痩果で、鈍い光沢のある黒色です。

〔栽培〕
増殖は株分けによります。
日当たりと水もちがよい土壌を好みます。
真夏の強い日射しで葉焼けをおこす場合は50~60%の遮光をかけます。
水やりは湿り気味にし、鉢植えの場合は鉢の下に受け皿を置いて腰水にしてもよいです。
施肥は元肥を施すだけで十分です。
病虫害は特にありません。
名前 サクラタデ (桜蓼)
花咲く季節 ? 8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(本州~九州)、朝鮮南部、中国
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? シロバナサクラタデ
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、5月
草丈・樹高 ? 300〜1000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 偽総状花序
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 株分け
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通、湿潤
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植、公園・庭園、水辺緑化
日本花き取引コード ? 61211
検索サイトの検索キー ? サクラタデ