3/15をもってサービスを停止いたします パパイヤnew

ミヤマタニソバ

タデ科 イヌタデ属

Persicaria debilis

〔基本情報〕
山地の林内で見られる高さ10~30cmの一年草。
茎は直立するか斜めに立ちあがり、ふつう節にのみ下向きの刺毛があります。
葉は互生する単葉で、長さ・幅とも1.5~6cmの三角形、全縁です。
葉の質は薄く、両面に細かい毛がはえ、表面にはふつう黒紫色の八の字模様があります。
托葉鞘は短く、少なくとも茎の最上部につく葉の托葉鞘では先が葉状になります。
葉柄は細長いです。
茎先や葉腋から細長い枝を出し、先端に2~5個の花がつきます。
花には花冠はなく、白色の萼がめだちます。
果実は3稜形の痩果で光沢があります。
名前 ミヤマタニソバ (深山谷蕎麦) 、ベニミヤマタニソバ (紅深山谷蕎麦)
花咲く季節 ? 7月、8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(本州、四国、九州)、韓国(済州島、智異山)
生活型 ? 一年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 100〜300mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花の色 ?
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ミヤマタニソバ

「ミヤマタニソバ」への投稿写真