ウワバミソウ new6月の過去記事いいねしよう

ウラジロタデ

タデ科 オンタデ属

Aconogonon weyrichii var. weyrichii

〔基本情報〕高山の砂礫地や北方にはえる高さ30~100cmの多年草。
地下に太い根茎があります。
茎は多少枝分かれして、下向きの毛が密にはえます。
葉は互生する単葉で、長さ10~20cm、幅10~15cmの長卵形~卵形、先は鋭くとがります。
葉の縁は全縁です。
葉の表面には短い毛があり、裏面には白い綿毛が密にはえます。
葉柄の基部には長さ3~3.5cmになる托葉鞘があります。
托葉鞘は膜質で縦に脈があり、毛がはえます。
雌雄異株ですが、両性花がつくこともあります。
茎先に円錐形になる大きな総状花序を出し、黄白色の花を多数つけます。
花には花弁がなく、花弁状の萼は5深裂します。
萼の裂片は長さ1.5~3mmです。
雄花には雄しべが8個と退化した雌しべが1個、雌花には3裂した花柱があります。
果実は長さ8~10mmの痩果で、広い3個の翼があり、広楕円形となります。
果実期には雌花序は赤色を帯びます。
名前 ウラジロタデ (裏白蓼) 、ウラジロイタドリ 、タカネウラジロイタドリ
花咲く季節 ? 6月、7月、8月、9月、10月
実のなる季節 ? 8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(北海道、本州中北部)千島、サハリン
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 300〜1000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 総状花序
花の色 ? 黄白
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ウラジロタデ

「ウラジロタデ」への投稿写真