ウワバミソウ new6月の過去記事いいねしよう

マツグミ

オオバヤドリギ科(マツグミ科) マツグミ属

Taxillus kaempferi var. kaempferi

〔基本情報〕モミやツガなど針葉樹に寄生する半寄生性の常緑低木。
株の長さは20~50cmほどです。
若い枝ははじめ褐色の短毛が密にはえますが、のちに無毛となります。
葉は互生する単葉で、長さ1.5~4cm、幅0.4~0.9cmの倒披針形です。
葉先は丸く、葉の基部は次第に狭くなって葉柄にながれます。
葉は両面とも無毛で、全縁です。
葉柄は長さ1~2mmです。
葉腋に短い集散花序を出し、数個の赤い花をつけます。
花は長さ1.5cmの筒形で、先が4裂します。
果実は長さ5mmほどの楕円状球形で、赤く熟します。

〔利用〕果実は食べられ、粘り気があるので、子供がガムのように噛んで楽しみます。
また民間薬としても利用されます。

〔備考〕マツにはえ、グミのような実がつくことが名の由来です。
名前 マツグミ (松茱萸) 、マツノヤドリギ 、マツグイメ 、ツゲマツ 、マツボヤ 、マツムメ
花咲く季節 ? 7月、8月
分布または原産地 ? 日本(本州:関東地方・富山県以西、四国、九州)
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 半寄生
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 200〜500mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 集散花序
花の色 ?
実の色 ?
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? マツグミ

「マツグミ」への投稿写真