筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ハマダイコン

アブラナ科 ダイコン属

Raphanus sativus var. hortensis f. raphanistroides

〔基本情報〕海岸の砂地でみられる高さ30~60cmの越年草。
根は円柱形でやや太いです。
茎と葉には粗い毛がはえます。
葉は根出してロゼット状につき、長さ10~20cmで羽状に全裂します。
花は茎先の総状花序につき、淡い紅紫色の4弁花です。
果実は長さ5~8cmの長角果で種子と種子の間が数珠状にくびれ、先端が長く嘴状になり、熟しても裂開しません。
果実の中には種子が球形の種子が2~5個含まれます。
果皮は乾くとスポンジ状になり、海水に浮きます。
名前 ハマダイコン (浜大根)
花咲く季節 ? 3月、4月、5月、6月
分布または原産地 ? 日本、朝鮮
生活型 ? 越年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 300〜600mm
葉の形 ? 分裂葉
葉の生え方 ? 根生
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 4
花の色 ?
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ハマダイコン