変わった朝顔も見られますnewいいね!しよう7月の過去記事

ショカツサイ

アブラナ科 ショカツサイ属

Orychophragmus violaceus var. violaceus

〔基本情報〕
道端や堤防、畑地など人家近くで見られ、しばしば群生する高さ10~60cmの二年草。
全体にほぼ無毛です。
茎は直立して、上部で枝分かれします。
葉には根出葉と茎葉があります。
根出葉と茎の下部につく葉は羽状に深裂して、葉柄があります。
茎の上部につく葉は互生して、縁に粗い鋸歯があり、葉の基部は茎を抱きます。
葉の裏面はやや白色を帯びます。
茎先に総状花序を出し、径2~3cmの大きな淡い紫色の4弁花をつけます。
萼は紫色で筒状になります。
果実は長さ7~10cmの長角果で4稜があります。

〔来歴〕
江戸時代に渡来し、観賞用や油を採るために栽培され、野生化しているものも多いです。

〔栽培〕
増殖は実生によります。
こぼれダネでもよく増えます。
日当たりと水はけのよい場所であれば、土質を選ばず、やせ地でもよく育ちます。
半日陰でも耐えますが、間延びして、花つきも悪くなります。
水やりは降雨にまかせます。
病虫害は特にありませんがハモグリバエ(エカキムシ)がつくと葉に白い絵をかいたような線がはいります。
名前 ショカツサイ (諸葛菜) 、ハナダイコン (花大根) 、オオアラセイトウ 、ヒロハハナダイコン (広葉花大根) 、ムラサキハナナ (紫花菜)
Chinese violet cress
花咲く季節 ? 3月、4月、5月、6月
実のなる季節 ? 4月、5月、6月
分布または原産地 ? 中国
ハーディネスゾーン ? 7a;10b
生活型 ? 二年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 8月、9月、10月
草丈・樹高 ? 100〜600mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)、分裂葉
葉の生え方 ? 互生、根生
縁の形 ? 鋸歯
葉の特記事項 ? 葉には根出葉と茎葉があります。
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 4
花の色 ?
花径 ? 20〜30mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 花壇、公園・庭園、コンテナ
虫害 ? ハモグリバエ(エカキムシ)
日本花き取引コード ? 16128
検索サイトの検索キー ? ショカツサイ
エバーグリーンポストでの記事 [菜の花]花めぐり2月号|園芸通信|エバーグリーン