かんきつ事情new図鑑充実投稿数制限7月の過去記事

コバノオランダガラシ

アブラナ科 オランダガラシ属

Nasturtium microphyllum

〔基本情報〕茎が這うか浮かびながら、水辺や水中に群生する高さ20~50cmの多年草。
茎は中空で、節からひげ根を出して繁殖します。
葉は互生する奇数羽状複葉で、1~5対の小葉をもちます。
葉の表面にはやや光沢があり、縁は波打ちます。
茎先に総状花序を出し、白色の4弁花を多数つけます。
花弁は長さ5mmほどです。
雄しべは6個ありますが、4個が長く2個が短い4強雄ずいとなり、短い雄しべの基部に大きな蜜腺があります。
果実は長さ1~2cmの線形の長角果で、中には種子が2列に並びます。

〔利用〕欧米ではオランダガラシ(クレソン)とともに辛味のある茎葉がサラダに入れられたり、肉料理の付け合せに用いられます。

〔来歴〕食用に栽培していたものが野生化し、各地の川辺や溝などで繁殖しています。
名前 コバノオランダガラシ (小葉阿蘭陀芥子) 、ホソミノオランダガラシ 、ニセオランダガラシ
onerow yellowcress
花咲く季節 ? 4月、5月
分布または原産地 ? ユーラシア
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 水生、地生
良く似た植物 ? オランダガラシ
草丈・樹高 ? 200〜500mm
葉の形 ? 奇数羽状複葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 波状
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 4
花の色 ?
葉の色 ?
味覚 ? 辛味
食用 ?
有用 ? 食用
検索サイトの検索キー ? コバノオランダガラシ