硬い殻のオニグルミnew5月の過去記事いいねしよう

ヒメムラサキハナナ

アブラナ科 Ionopsidium属

Ionopsidium acaule

〔基本情報〕
高さ10cmほどの一年草。
基部からよく枝分かれして全体にこんもりとした草姿になります。
葉は互生する単葉で、長さ1~2cmの腎臓形~五角形状で、縁には低い鋸歯があります。
長い葉柄をもちます。
葉腋から出る長い花茎の先に、径1cmほどで白~淡い紫色の4弁花を単生させます。
果実は径0.4cmほどの扁平な軍配形です。

〔栽培〕
増殖は実生によります。
冷涼な気候を好み、耐寒性も高いので暖地では冬季も栽培・開花可能です。
日当たりと水はけのよい土壌を好みます。
水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと与え、乾燥させないように注意します。
肥料は与えすぎると間延びして倒れやすくなるので、元肥を施せば特に必要ありません。
花後に1/2程度まで刈り込むと、脇芽が伸びて2番花が楽しめます。
病虫害としてはアブラムシがあります。
名前 ヒメムラサキハナナ (姫紫花菜) 、イオノプシディウム 、バイオレットクレス 、ダイアモンドフラワー
violet cress、diamond flower
花咲く季節 ? 3月、4月、5月、6月
分布または原産地 ? ポルトガル
生活型 ? 一年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 10月、11月、12月、1月、2月、3月
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 100mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 単生
花弁の数 ? 4
花の色 ? 紫、白
花径 ? 10mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 鉢植、花壇、コンテナ
虫害 ? アブラムシ
日本花き取引コード ? 42513
検索サイトの検索キー ? ヒメムラサキハナナ

「ヒメムラサキハナナ」への投稿写真