筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ハナスズシロ

アブラナ科 ハナスズシロ属

Hesperis matronalis

〔基本情報〕
高さ60cmほどの多年草。
耐暑性が弱く、日本では夏越しが難しいため園芸的には秋まきの二年草として扱われます。
茎は直立します。
葉には根出葉と茎葉があり、根出葉はロゼットを形成し、大きなものでは長さ12cm、幅4cm以上になります。
茎葉は互生する単葉で、長さ6cmほどの披針形で、葉の縁には鋸歯があります。
葉には短い毛がはえ、ざらつきます。
茎先に長さ30cmほどの総状花序を出し、径2cmほどの4弁花が多数つきます。
花は淡い紫色または白色、ピンクなどで、芳香があります。
花弁の基部は長い爪となります。
果実は長さ5~14cmの長角果で、中に種子が2列に並びます。

〔栽培〕
増殖は実生によります。
こぼれダネでよく殖えます。
八重咲きの品種は株分けをします。
日当たりと水はけのよいアルカリ性の土壌を好みます。
高温多湿に弱いので、風通しの良い涼しい場所で育てるとよいです。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
施肥は特に必要ありません。
病虫害は特にありません。
名前 ハナスズシロ (花蘿蔔、花清白) 、セイヨウハナダイコン (西洋花大根) 、スイートロケット 、ハナダイコン (花大根)
dame's rocket、damask violet、dame's-violet、dames-wort、dame's gilliflower、night-scented gilliflower、queen's gilliflower、rogue's gilliflower、summer lilac、sweet rocket、mother-of-the-evening、winter gilliflower
花咲く季節 ? 3月、4月、5月、6月
分布または原産地 ? ユーラシア
生活型 ? 二年草、多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月、9月、10月
草丈・樹高 ? 600mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生、根生
縁の形 ? 鋸歯
葉の特記事項 ? 葉には根出葉と茎葉があります。
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 4
花の色 ? 紫、桃、白
花径 ? 20mm
花序の長さ ? 300mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
土壌酸度 ? アルカリ性
耐候性 ? 耐寒性、非耐暑性
用途適性 ? 鉢植、花壇、公園・庭園、コンテナ、ベランダ、ハンギングバスケット
検索サイトの検索キー ? ハナスズシロ