ウワバミソウ new6月の過去記事いいねしよう

マルバコンロンソウ

アブラナ科 タネツケバナ属

Cardamine tanakae

〔基本情報〕山地の木陰でみられる越年草。
茎は高さ7~20cmで、茎と葉、花序には白い毛が多くはえます。
葉は長さ5~13cmの奇数羽状複葉で、1~3対の小葉があります。
小葉は短い柄をもち、円形~卵形で、頂小葉は長さ1~3cmと大きいです。
葉の縁には鈍い鋸歯があります。
葉の基部には耳部はありません。
茎の上部に短い総状花序を出し、径1cmほどの白色の4弁花をつけます。
花弁は長さ5~7mmの倒卵形です。
果実は長さ18~25mmで広線形の長角果で毛が密にはえます。
果実には種子が1列に並びます。
名前 マルバコンロンソウ (丸葉崑崙草) 、マルバノコンロンソウ (丸葉崑崙草)
花咲く季節 ? 4月、5月、6月
分布または原産地 ? 日本(本州~九州)
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 越年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 70〜200mm
葉の形 ? 奇数羽状複葉
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 4
花の色 ?
花径 ? 10mm
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? マルバコンロンソウ