筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ミチタネツケバナ

アブラナ科 タネツケバナ属

Cardamine hirsuta

〔基本情報〕道端や芝生などに群生する越年草。
茎は高さ3~30cmで無毛です。
根生葉はロゼット状に出て、羽状に全裂し、側裂片は3~5対あります。
各裂片は広楕円形~卵形で、先端の裂片が一番大きくなります。
根生葉が果時にも枯れずに残ります。
茎にはあまり葉はつかず、0~2個ほどで、葉の裂片は根生葉に比べて細いです。
花は総状花序につき、白色の4弁花です。
花弁は長さ2~3mmの楕円形です。
雄しべは4本です。
果実は長さ1~2cmの長角果で、直立します。
果実の中には1mmほどの種子が多数、1列に並びます。

〔来歴〕1970年代には帰化していたと推定され、1988年に富山で採集され、1992年に今までの標本から帰化が報告され、和名がつけられました。

〔備考〕タネツケバナによく似ますが、茎が無毛、根生葉の小葉に柄がある、茎にあまり葉がつかない、花弁が長さ2~3mm、雄しべが4本の花が多い、根生葉が果時にも残るなどの点で区別できます。
名前 ミチタネツケバナ (道種漬花、道種浸花) 、ケタネツケバナ (毛種漬花、毛種浸花)
hairy bittercress
花咲く季節 ? 2月、3月、4月
分布または原産地 ? ヨーロッパ
生活型 ? 越年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? タネツケバナ
草丈・樹高 ? 30〜300mm
葉の形 ? 分裂葉
葉の生え方 ? 互生、根生
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 4
花の色 ?
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ミチタネツケバナ

「ミチタネツケバナ」への投稿写真