おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

ミツバコンロンソウ

アブラナ科 タネツケバナ属

Cardamine anemonoides

〔基本情報〕
山地の林内でみられる多年草。
短く横に這う根茎をもちます。
茎は高さ5~25cmで、枝分かれしません。
葉は互生する3出複葉で、茎の下部の葉は小さく退化し、茎の上部の葉はときに単葉となります。
小葉は長さ1~6cmの卵状披針形で、縁には粗い鋸歯があります。
葉の両面には毛がはえます。
花は短い総状花序に1~7個つき、白色の4弁花です。
花弁は長さ6~10mmの倒卵形です。
雄しべは6本です。
果実は長さ3~4.5cmの長角果です。
果実の中には長さ1mmほどの長楕円形の種子が多数、1列に並びます。
名前 ミツバコンロンソウ (三葉崑崙草) 、オオミツバコンロンソウ (大三葉崑崙草)
花咲く季節 ? 4月、5月
分布または原産地 ? 日本(本州:関東地方以西~九州)
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? コンロンソウ
草丈・樹高 ? 50〜250mm
葉の形 ? 3出複葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 4
花の色 ?
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ミツバコンロンソウ

「ミツバコンロンソウ」への投稿写真