日光のスギいいね!しよう

キガンピ

ジンチョウゲ科 ガンピ属

Diplomorpha trichotoma

〔基本情報〕
山地でみられる高さ1~2mの落葉低木。
よく枝分かれします。
枝は細く、はじめ緑色で、のちに褐紫色となります。
葉は対生する単葉で、長さ2~8cm、幅1~3.5cmの卵状楕円形~披針形となり、全縁です。
穂状花序が円錐状に集まる花序を出します。
花には花弁はなく、先が4裂する筒状の萼が淡い黄色、白または淡い紅色に色づきます。
果実は核果です。

〔利用〕
樹皮が和紙の原料となります。
名前 キガンピ (黄雁皮) 、キコガンピ (黄小雁皮)
花咲く季節 ? 7月、8月、9月
分布または原産地 ? 日本(本州:近畿地方・中国地方西部、四国、九州:大隅半島まで)、朝鮮半島南部
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 1000〜2000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 穂状花序
花の色 ? 黄、桃、白
葉の色 ?
有用 ? その他クラフト
検索サイトの検索キー ? キガンピ

「キガンピ」への投稿写真