十薬活用術newいいね!しよう7月の過去記事

ナガエアオイ

アオイ科 ゼニアオイ属

Malva pusilla

〔基本情報〕海辺の草地や路傍でみられる越年草。
茎は下部で枝分かれし、長さ30~60cmになり、這うか斜上します。
葉は互生する単葉で、長さ2~8cmの円形、浅く5~7裂します。裂片の先はまるく、縁に鈍い鋸歯があります。
長い葉柄があります。
葉腋に4~10個の花を束生させます。
花は径6~12mmで淡紅色の5弁花です。
花弁は萼と同じ長さかやや長いです。
果実は径5~7mmで扁平、10~11個の分果に分かれ、熟すと表面が蜂の巣状にへこみます。
分果の両縁は角ばりますが、翼はありません。
ウサギアオイ(別名:ハイアオイ)に似ますが、分果に隣接するもの同士が噛み合うようなギザギザはありません。

〔来歴〕1951年にはじめて報告され、各地に帰化していますが、関東以西で多く確認されています。
名前 ナガエアオイ (長柄葵) 、ハイアオイ (這葵)
low mallow、small mallow、the round-leaved mallow
花咲く季節 ? 6月、7月、8月、9月
分布または原産地 ? ヨーロッパ
生活型 ? 越年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 300〜600mm
葉の形 ? 分裂葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花径 ? 6〜12mm
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ナガエアオイ