大鳥神社とヤツガシラnewインスタ9月の過去記事

サルカケミカン

ミカン科 サルカケミカン属

Toddalia asiatica

〔基本情報〕海辺の林でみられる常緑つる性木本。
茎に長さ2mmで下向きに鉤状に曲がった鋭い刺があります。
葉は互生する長さ3~6cmの3出複葉です。
小葉は長さ1.5~5cm、幅0.7~1.5cmの長楕円形で、先がややへこみます。
葉は両面とも無毛で、縁には低くこまかい鋸歯があります。
葉柄は長さ1~1.5cmです。
雌雄異株です。
葉腋や枝先から円錐花序を出し、雄花序では各節に3~4個、雌花序では各節に1個の花をつけます。
雄花・雌花とも緑白色で小さな5弁花です。
果実は径6~8mmで球形の核果となり、橙黄色に熟します。

〔利用〕果実や葉、茎、根を民間薬として利用します。
根からは黄色の染料が得られます。

〔備考〕自生地の沖縄で「猿をひっかける」という意味のサラカチやサラカチャーとよばれます。
名前 サルカケミカン
orange climber
花咲く季節 ? 1月、2月、3月
実のなる季節 ? 5月
分布または原産地 ? 日本(奄美諸島以南)、台湾、中国南部、東南アジア~南アジア、アフリカ
生活型 ? つる性木本
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
形状 ? つる
葉の形 ? 3出複葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 円錐花序
花弁の数 ? 5
花の色 ? 緑、白
実の色 ? 橙、黄
葉の色 ?
有用 ? 薬用、その他クラフト
検索サイトの検索キー ? サルカケミカン

「サルカケミカン」への投稿写真