• 若い芽は摘む!new
  • 3月の過去記事
  • いいね!しよう
  • ミヤマシキミ

    ミカン科 ミヤマシキミ属

    Skimmia japonica var. japonica

    〔基本情報〕
    低山の林内でみられる高さ60~120cmの常緑低木。
    幹は直立してよく枝分かれします。
    若い枝にはいぼ状の腺点が目立ちます。
    葉は互生する単葉で枝先に輪生状に集まってつき、長さ6~12cm、幅2~3.5cmの倒披針状楕円形となります。
    葉の表面には光沢があり、裏面には油点があります。
    葉の縁はほぼ全縁でです。
    葉柄は長さ0.5~1cmです。
    雌雄異株です。
    雄花・雌花とも枝先に出る長さ2~5cmの散房状の円錐花序に多数つき、白色の4弁花です。
    果実は径8~10㎜で球形の核果で、赤く熟します。

    〔利用〕
    有毒植物で、葉の煎じ汁を虫下しや殺虫剤として利用しました。
    かつては民間薬として利用されました。

    〔栽培〕
    増殖は挿木によります。
    霜や寒風にあたると枯れることがあるので寒冷地では鉢植えにして冬は陽のあたる室内に取り込みます。
    関東地方以西の暖地であれば戸外越冬可能です。
    水はけがよく乾燥しない場所を好みます。
    日向~半日陰で育ち、真夏の暑さや直射日光で弱りやすいので、地植えの場合は夏に日陰になる木の下などに植えるとよいです。
    鉢植えは夏は風通しのよい半日陰に移動させます。
    水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は晴天が続いてひどく乾燥しないかぎりは降雨にまかせます。
    施肥は春~秋に緩効性化成肥料を少量施します。
    名前 ミヤマシキミ (深山樒、深山梻) 、ハナシキミ (花樒、花梻)
    Japanese skimmia
    花咲く季節 ? 4月、5月
    実のなる季節 ? 10月、11月
    分布または原産地 ? 日本(本州:関東地方以西、四国、九州)、台湾
    生活型 ? 低木
    常緑・落葉 ? 常緑
    広葉・針葉 ? 広葉
    生活様式 ? 地生
    植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月
    形状 ? 分枝
    草丈・樹高 ? 600〜1200mm
    葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
    葉の生え方 ? 互生
    縁の形 ? 全縁、鋸歯
    花のつき方 ? 円錐花序
    花弁の数 ? 4
    花の色 ?
    花序の長さ ? 20〜50mm
    実の色 ?
    葉の色 ?
    種苗の入手難易度 ?
    種苗の入手形態 ?
    繁殖方法 ? 挿木
    日照条件 ? 日向、半日陰
    水分の必要性 ? 普通
    土の必要性 ? 必要
    用途適性 ? 鉢植、花壇、公園・庭園
    有用 ? 薬用
    日本花き取引コード ? 68193
    検索サイトの検索キー ? ミヤマシキミ