チロリアンランプnew揺れるトリガタハンショウヅルnew6月の過去記事インスタ

カラタチ

ミカン科 ミカン属

Citrus trifoliata

〔基本情報〕高さ2~3mになる落葉低木。
若い枝は緑色で、1~3.5cmほどの太く鋭い刺が葉腋に互生します。
葉は互生する長さ3~5cmの3出複葉で、小葉は長さ1.5~3.5cm、幅0.8~2cmの楕円形~倒卵形です。
葉の縁には細かい鋸歯があります。
葉柄には翼があります。
花は前年の枝の刺の腋に単生または2個つき、葉が出る前に開きます。
花は白色の5弁花で芳香があります。
花弁は長さ1.5~2cmです。
雄しべは20本あり、1本ずつわかれます。
花には花柄はありません。
果実は3~4cmの球形で、黄色く熟します。
果実の表面には短い毛が密にはえます。
果実には種子が30個ほど含まれます。
果汁は酸味が強く、苦味もあるため食べるには向きません。

〔来歴〕日本には1000年以上前に朝鮮半島を経由して渡来し、各地で野生化しています。
〔利用〕他のカンキツ類の台木として用いられます。
未成熟の果実を生薬として利用します。

〔栽培〕増殖は実生、挿木、接木によります。
種子は乾燥すると発芽率が落ちるため、とりまきとするか、乾燥させないように湿らせて保存し翌春に播きます。
耐寒性が強く、北海道南部以南であれば露地栽培可能です。
日当たりと水はけ、水もちのよい場所を好みます。
水やりは地植えの場合、晴天が続いて乾燥しないかぎりは必要ありません。
鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
施肥は春と秋に有機質の肥料か速効性がある化成肥料を施します。
萌芽力が強く、強めに刈り込んでも枯れることは少ないです。
病虫害としてはアブラムシがあります。
アゲハチョウの食草です。

〔備考〕名は唐橘(からたちばな)が略されたものです。
名前 カラタチ (枳殻、枸橘) 、キコク (枳殻)
trifoliate orange、hardy orange、Japanese bitter-orange、Chinese bitter orange、golden apple
花咲く季節 ? 4月、5月
実のなる季節 ? 10月、11月
分布または原産地 ? 中国(長江上流域:河北省・山東省~広東省・広西チワン族自治区)
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月、6月、7月、8月、9月
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 2000〜3000mm
葉の形 ? 3出複葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 単生
花弁の数 ? 5
花の色 ?
実の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木、接木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 盆栽、鉢植、生垣
虫害 ? アブラムシ
香り ? 柑橘系
有用 ? 薬用
動物との関わり ? アゲハチョウの幼虫の食草
日本花き取引コード ? 19255
検索サイトの検索キー ? カラタチ
エバーグリーンポストでの記事 [カラタチ]童謡にも歌われた花|ミカン科ミカン属|エバーグリーン