ヤマユリnew8月の過去記事インスタ

オガラバナ

ムクロジ科 カエデ属

Acer ukurunduense

〔基本情報〕
山地~亜高山にはえ、ふつう高さ3mほど、ときに10mになる落葉低木または小高木。
一年目の枝には黄褐色の毛が密にはえ、二年目の枝は黒紫色を帯びます。
葉は対生し、長さ・幅とも6~15cmで、掌状に5~7裂します。
葉の表面は葉脈が凹んでしわ状になり、まばらに短毛がはえます。
葉の裏面には全体に灰白色の短毛がはえ、特に脈上に密にはえます。
葉の縁には欠刻状の鋸歯があります。
葉柄は長く、赤色を帯びます。
葉は秋に赤~黄色に色づきます。
有花枝の先に柄を含めて長さ10~20cmの細長い円柱状の花序が直立し、100~200個もの花がつき、雄花と両性花が同じ木に咲く雄性同株です。
花序には縮れた毛がはえます。
花は黄緑色で、花弁はごく細く、雄花では雄しべが花弁より長いです。
果実は長さ1.5~2cmほどで2個ずつつき、それぞれにプロペラ状の翼があり、鋭角に開きます。

〔備考〕
材が麻幹(おがら=皮をはいだ麻の茎)のようにやわらかいことが名の由来です。
名前 オガラバナ (麻幹花) 、ホザキカエデ (穂咲楓)
花咲く季節 ? 6月、7月
実のなる季節 ? 9月、10月
分布または原産地 ? 日本(北海道、本州:中部地方以北・奈良県)、朝鮮、中国東北部、東シベリア、アムール、サハリン、南千島
生活型 ? 低木、小高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
葉の鑑賞期間 ? 10月、11月
草丈・樹高 ? 3000mm
葉の形 ? 分裂葉
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯、欠刻
花の色 ?
花序の長さ ? 100〜200mm
葉の色 ? 赤、橙、黄、緑
検索サイトの検索キー ? オガラバナ

「オガラバナ」への投稿写真