ヤマユリnew8月の過去記事インスタ

文一総合出版

カラコギカエデ

ムクロジ科 カエデ属

Acer ginnala var. aidzuense

〔基本情報〕
山地のやや湿った場所でみられる落葉小高木。
成長すると樹皮がはげ、鹿の子模様になります。
葉は対生し、長さ5~12cm、幅2~7cmの楕円形で、ふつう浅く3裂し、縁には重鋸歯があります。
掌状の3脈と羽状脈をもちます。
葉の裏面脈上に軟毛がはえます。
葉は分裂せずに単葉となるものや羽状に切れ込むものもあります。
葉柄は長さ2~6cmで、葉の長さの1/3~1/2程度で無毛、赤色を帯びます。
葉は秋に紅葉します。
花は枝先の複散房花序に30~150個つき、雄花と両性花が同じ木に咲きます。
花は萼片、花弁ともに5個です。
花弁は黄緑色です。
果実は長さ3cmほどで2個ずつつき、それぞれにプロペラ状の翼があります。
翼は鋭角またはほとんど開かず平行になり、脈がめだちます。

〔栽培〕
増殖は実生、挿木によります。
半日陰から日向で水はけのよい場所を好みます。
特に木が若いうちは半日陰の方がよいです。
日陰では紅葉の発色が悪くなります。
カミキリムシやアブラムシによる被害があるので、見つけ次第補殺します。

〔備考〕
鹿の子模様になった幹から「カノコギカエデ」とよばれ、これが転訛した名とされます。
名前 カラコギカエデ (唐子木楓、鹿子木楓)
花咲く季節 ? 5月、6月
実のなる季節 ? 8月、9月
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、南千島
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 小高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 1月、2月、11月、12月
葉の鑑賞期間 ? 10月、11月
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 2000〜7000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)、分裂葉
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 重鋸歯
花のつき方 ? 複散房花序
花弁の数 ? 5
花の色 ?
葉の色 ? 赤、緑
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 盆栽、公園・庭園、苔玉
虫害 ? カミキリムシ、アブラムシ
日本花き取引コード ? 46539
検索サイトの検索キー ? カラコギカエデ