ヤマユリnew8月の過去記事インスタ

ナンゴクミネカエデ

ムクロジ科 カエデ属

Acer australe

ミネカエデの変種で、温帯の山地にはえる雌雄異株の落葉小高木。
葉の形はミネカエデよりもコミネカエデに似ていますが、掌状に5-7裂する葉の切れ込みが最下裂片でも深く、裂片の先端はすべて尾状に長く伸びます。
花は5-6月に咲き、10花ほどが総状につきます。
名前 ナンゴクミネカエデ (南国峰楓) 、オオバミネカエデ
分布または原産地 ? 日本(本州の静岡県以西、四国、九州、琉球)、台湾、ちゅうごく中部 南部、インドマレーシア
指定植物 ? 日本固有種
検索サイトの検索キー ? ナンゴクミネカエデ