筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ヤマウルシ

ウルシ科 ウルシ属

Toxicodendron trichocarpum

〔基本情報〕
低山や山地の湿った谷筋や尾根などでみられる高さ5~8mほどの落葉小高木。
あまり枝分かれしません。
若い枝には褐色の軟毛が密にはえます。
葉は互生する長さ25~40cmの奇数羽状複葉で、枝先に集まってつき、7~15枚の小葉からなります。
小葉は長さ4~15cm、幅3~6cmの卵形~広楕円形となり、全縁ですが、若い木ではときに1~2個の大きな鋸歯が出ます。
葉の両面には軟毛がはえ、特に裏面の脈上には密にはえます。
葉軸は赤みを帯び、毛が密にはえます。
葉は秋に紅葉します。
雌雄異株で、雄花・雌花とも葉腋から出る長さ15~25cmの円錐花序に多数つき、黄緑色の小さな5弁花です。
果実は径5mmの扁球形で、黄褐色に熟して剛毛が密にはえますが、やがて外果皮がはげて白色で縦条のある蝋質の中果皮が露出します。

〔利用〕
果実(核果)から得られる木蝋は、軟膏の基剤などの原料として利用されます。
根皮も薬用として利用されます。
若芽は湯がいて食用になります。
ウルシ同様、漆液が採れますが、経済的ではありません。

〔栽培〕
増殖は実生によります。
日当たりと水はけのよい場所であれば土質を選ばず、容易に栽培できます。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は降雨にまかせます。
施肥は特に必要ありません。
病虫害は特にありません。

〔備考〕
ウルシ同様かぶれ樹液に触れるとかぶれるので、注意が必要です。
名前 ヤマウルシ (山漆) 、シツゲンヤマウルシ (湿原山漆)
花咲く季節 ? 6月、7月
実のなる季節 ? 9月、10月、11月
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、南千島、朝鮮、中国
生活型 ? 小高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月、9月、10月
葉の鑑賞期間 ? 10月、11月
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 5000〜8000mm
葉の形 ? 奇数羽状複葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁、鋸歯
花のつき方 ? 円錐花序
花弁の数 ? 5
花の色 ?
実の色 ? 茶、白
葉の色 ? 赤、橙、緑
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 盆栽、鉢植、公園・庭園、苔玉
食用 ?
有用 ? 薬用、食用、その他クラフト
検索サイトの検索キー ? ヤマウルシ