葛の花でお茶newインスタ12月の過去記事

ヌルデ

ウルシ科 ヌルデ属

Rhus javanica

〔基本情報〕
平地の二次林でみられる高さ4~7mになる落葉小高木。
幹を傷つけると白色の乳液が出ます。
若い枝には毛が密にはえます。
葉は互生する長さ20~40cmの奇数羽状複葉で、9~13枚の小葉からなります。
小葉は長さ5~12cm、幅2~8cmの楕円形となり、縁にややとがった鋸歯があります。
葉の表面には主脈に毛がはえます。
葉の裏面には軟毛が密にはえて黄褐色になります。
葉軸には翼があります。
葉柄には軟毛が密にはえます。
葉は秋に紅葉します。
雌雄異株で、雄花・雌花とも枝先から出る長さ20~30cmの円錐花序に多数つき、黄白色の小さな5弁花です。
果実は径3mmの扁球形で、黄赤色に熟して軟毛が密にはえます。
果実は表面に白い結晶(リンゴ酸カルシウム)を分泌します。

〔利用〕
葉にできる虫こぶ(五倍子)をタンニンの原料や薬用にします。

〔栽培〕
増殖は実生によります。
日当たりと水はけのよい場所であれば土質を選ばず、容易に栽培できます。
水やりは降雨にまかせます。
施肥は特に必要ありません。
病虫害は特にありません。

〔備考〕
果実の表面につく結晶が塩からいことから「シオノミ」の別名があります。
名前 ヌルデ (白膠木) 、フシノキ (五倍子木) 、カチノキ (勝の木) 、シオノミ (塩の実)
Chinese sumac、nutgall tree
花咲く季節 ? 8月、9月
実のなる季節 ? 10月、11月
分布または原産地 ? 日本(北海道~琉球)、朝鮮、中国中部・西部、ヒマラヤ
生活型 ? 小高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月、9月、10月
葉の鑑賞期間 ? 10月、11月
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 4000〜7000mm
葉の形 ? 奇数羽状複葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 円錐花序
花弁の数 ? 5
花の色 ? 黄白
花序の長さ ? 200〜300mm
実の色 ?
葉の色 ? 赤、緑
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 公園・庭園
有用 ? 薬用、その他クラフト
検索サイトの検索キー ? ヌルデ