木賊文newインスタ9月の過去記事

チョウジタデ

アカバナ科 チョウジタデ属

Ludwigia epilobioides subsp. epilobioides

〔基本情報〕
湿地や水田などでみられる高さ15~100cmの一年草。
茎が赤紫色を帯びます。
茎は直立し、稜があり、よく枝分かれします。
葉は互生する単葉で、長さ1~10cm、幅0.4~2.5cmの披針形~長楕円状披針形となり、全縁です。
短い葉柄があります。
花は葉腋に単生する小さな黄色い4弁花です。
萼は卵状披針形で花弁より長いです。
果実は長さ1.5~3cmほどの蒴果で、4稜がある円柱状となり、紫色を帯びて、上端に4枚の萼が残ります。
名前 チョウジタデ (丁字蓼) 、タゴボウ (田牛蒡)
花咲く季節 ? 8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(北海道~琉球)、朝鮮、中国、ベトナム北部、アムール、ウスリー
生活型 ? 一年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 150〜1000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 単生
花弁の数 ? 4
花の色 ?
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? チョウジタデ