筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ヒレタゴボウ

アカバナ科 チョウジタデ属

Ludwigia decurrens

〔基本情報〕河川沿いの湿地や池沼の縁、水田などでみられる高さ80~100cmの一年草。
茎や葉がしばしば紫色を帯びます。
茎は直立し、3~4稜があり、よく枝分かれします。
葉は互生する単葉で、長さ5~12cm、幅1.5~3cmの披針形~狭楕円形です。
葉はほぼ無柄で、基部が茎の稜とつながって翼(ひれ)となります。
花は葉腋に単生し、径3cmほどの黄色い4弁花です。
花は水平に開いて、散りやすいです。
果実は長さ1~2cmほどの蒴果で、4稜があり四角柱状となり、上端に4枚の萼が残ります。

〔来歴〕1954年に徳島市、1955年に松山市で採集され、以後、帰化植物として広がっています。
名前 ヒレタゴボウ (鰭田牛蒡) 、アメリカミズキンバイ
willow primrose、wingleaf primrose-willow
花咲く季節 ? 8月、9月
分布または原産地 ? アメリカ合衆国南東部~アルゼンチン北部
生活型 ? 一年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 800〜1000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 単生
花弁の数 ? 4
花の色 ?
花径 ? 30mm
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ヒレタゴボウ