大鳥神社とヤツガシラnewインスタ9月の過去記事

ヤナギラン

アカバナ科 ヤナギラン属

Chamerion angustifolium subsp. angustifolium

〔基本情報〕
高原の草地でみられ、伐採跡地や山火事跡地にもしばしば群生する高さ1~1.5mの多年草。
茎は直立して、枝分かれはせず、ほぼ無毛です。
葉は互生する単葉で、長さ5~18cm、幅0.5~2cmの披針形となり、裏面は白色を帯びます。
葉の縁はほぼ全縁です。
葉柄はごく短いか、ありません。
茎先に長さ10~45cmの総状花序を出し、紅紫色の4弁花を多数つけます。
花柄の基部には細く小さな苞があります。
果実は長さ5~8cmの細長い蒴果で、熟すと割れ、白色の毛がある種子を出します。

〔利用〕
全草を薬用とするほか、若芽は山菜として利用したり茶の代用にされます。

〔栽培〕
増殖は実生、株分け、挿芽によります。
冷涼な気候を好みます。
日当たりと水はけのよい土壌を好み、夏の高温多湿にはやや弱く葉焼けを起こすことがあるので暖地では真夏は半日陰にするとよいです。
水やりは水切れしないよう注意し、土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
施肥は春に緩効性肥料を置き肥します。
種子を採らないのであれば花がらをこまめに取り除くようにします。
病虫害としては軟腐病、うどんこ病、アブラムシ、ナメクジ、ハダニがあります。

〔備考〕
葉が柳に似て、花の美しさを蘭に例えた名です。
名前 ヤナギラン (柳蘭)
fireweed、great willowherb、rosebay willowherb
花咲く季節 ? 6月、7月、8月
分布または原産地 ? 日本(北海道、本州)、ユーラシア、北アメリカ
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、9月
草丈・樹高 ? 1000〜1500mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 4
花の色 ? 紫、桃
花序の長さ ? 100〜450mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、株分け、挿芽
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 花壇、切花、公園・庭園
病害 ? 軟腐病、うどんこ病
虫害 ? アブラムシ、ナメクジ、ハダニ
有用 ? 薬用、食用、飲用
日本花き取引コード ? 56381
検索サイトの検索キー ? ヤナギラン
エバーグリーンポストでの記事 [ヤナギラン]高原の盛夏を彩るヤナギラン|アカバナ科ヤナギラン属|エバーグリーン