山野草イワカガミnewおすすめ本と映画5月の過去記事いいねしよう

ヒメフウロ

フウロソウ科 フウロソウ属

Geranium robertianum

〔基本情報〕
石灰岩地の草原や林縁などにはえる高さ20~60cmの一年草または二年草です。
全体に腺毛がはえ、悪臭があります。
葉には根出葉と茎葉があり、根出葉は開花期には枯れているか残っていても少ないです。
茎につく葉は互生する単葉で、幅2~7cmの広卵形~円形で基部まで掌状に3~5裂し、裂片がさらに羽状に深く裂けます。
葉の両面には伏した毛がはえます。
長さ10cmの葉柄があります。
花は茎先や枝先に2個ずつつき、径1.5cmで淡い紅紫色の5弁花です。
果実は蒴果です。

〔利用〕
全草を薬用にします。

〔栽培〕
増殖は実生によります。
日向~半日陰で水はけと水もちがよい土壌を好みます。
環境が合えばさほど手がかからずよく育ちます。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は降雨にまかせます。
施肥は元肥を施せば特に必要ありません。
病虫害は特にありません。

〔備考〕
別名のシオヤキソウ(塩焼草)は草の悪臭を塩を焼いた臭いに例えたものです。
名前 ヒメフウロ (姫風露) 、シオヤキソウ (塩焼草)
花咲く季節 ? 5月、6月、7月、8月、9月
分布または原産地 ? 日本(本州:岐阜県・三重県・滋賀県・広島県、四国:剣山・石立山)、北半球温帯
生活型 ? 一年草、二年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月
草丈・樹高 ? 200〜600mm
葉の形 ? 分裂葉
葉の生え方 ? 互生、根生
花のつき方 ? 散形花序
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花径 ? 15mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植、公園・庭園、コンテナ
有用 ? 薬用
日本花き取引コード ? 54402
検索サイトの検索キー ? ヒメフウロ