おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

ミヤマツボスミレ

スミレ科 スミレ属

Viola verecunda var. fibrillosa

〔基本情報〕
高山の湿原や林縁の草地でみられる高さ5~25cmの多年草。
茎は地を這って、節から根を出します。
葉は幅2~3.5cmの円形で、表面に細かい毛がはえます。
葉の縁には低い鋸歯があります。
托葉は披針形で全縁または少数の鋸歯をもちます。
花は葉腋から直立する花柄の先端につき、径1cm前後、淡い紫色を帯び、唇弁の中央に紫色の筋があります。
側弁の基部には毛がはえ、花の後方に短い距があります。
夏の花は閉鎖花となります。
果実は蒴果で熟すと3裂して、種子を飛ばします。
名前 ミヤマツボスミレ (深山壷菫、深山坪菫)
花咲く季節 ? 6月、7月、8月
分布または原産地 ? 日本(本州:中部地方以北の日本海側)
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 50〜250mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生、根生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 単生
花弁の数 ? 5
花の色 ? 紫、白
花径 ? 10mm
葉の色 ?
動物との関わり ? 種子にアリの好む物質でできた白い付属体(エライオソーム)があり、アリによって巣まで運ばれることで散布されます。
検索サイトの検索キー ? ミヤマツボスミレ

「ミヤマツボスミレ」への投稿写真