筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ヒナスミレ

スミレ科 スミレ属

Viola tokubuchiana var. takedana

〔基本情報〕山地の林内で、沢沿いの斜面ややや湿った林床でよくみられる高さ5~8cmの多年草です。
短い地下茎をもちます。
葉は水平に広がります。
花の時期の葉は長さ2~5cmで長卵形~披針形で基部は心形となり、葉の両面には粗い毛がはえます。
葉の裏は紫色を帯びることがあります。
葉の縁には低い鋸歯があります。
葉柄は3~10cmです。
花は花柄の先端につき、径1.5~2cm、淡い紅紫色です。
側弁の基部にまばらに毛がはえます。
花の後方に長さ6~7mmの距が伸びます。
花柄があまり伸びないので、花が葉の上に乗っているように見えます。
果実は蒴果で熟すと3裂して、種子を飛ばします。
名前 ヒナスミレ (雛菫) 、アラゲスミレ (粗毛菫) 、コウライアラゲスミレ (高麗粗毛菫) 、イヌガタケスミレ (犬ヶ岳菫)
花咲く季節 ? 4月、5月
分布または原産地 ? 日本(北海道南部~九州)、朝鮮、中国東北部
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 50〜80mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 根生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 単生
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花径 ? 15〜20mm
葉の色 ?
日本花き取引コード ? 32043
検索サイトの検索キー ? ヒナスミレ