筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ナガバタチツボスミレ

スミレ科 スミレ属

Viola ovato-oblonga

〔基本情報〕丘稜地や山地にはえる多年草で水はけのよい半日陰を好みます。
地下茎は短く、やや木質化します。
地上茎は叢生して10~15cmほどですが、環境によっては40cmにも伸びるものもあります。
根出葉は幅2~3cmの円心形で葉縁には低い鋸歯があります。
茎葉は卵状狭三角形~披針形となります。
托葉はややあらく羽状に裂けます。
花は直立する花柄の先端につき、径1.5~2cm、淡い紫色です。
花の後方に長さ7~8mmの距が伸びます。
果実は蒴果で熟すと3裂して、種子を飛ばします。

〔備考〕細長い茎葉がつくことが名の由来です。
名前 ナガバタチツボスミレ (長葉立壺菫) 、ナガバノタチツボスミレ (長葉立壺菫)
花咲く季節 ? 3月、4月、5月
分布または原産地 ? 日本(本州:中部地方以西~九州)
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 100〜400mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 根生、互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 単生
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花径 ? 15〜20mm
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ナガバタチツボスミレ

「ナガバタチツボスミレ」への投稿写真