ウワバミソウ new6月の過去記事いいねしよう

イソスミレ

スミレ科 スミレ属

Viola grayi

〔基本情報〕海岸の砂地にはえる多年草。
丈夫で長い地下茎をもち、砂地にしっかりと根をはります。
地上茎は叢生し、高さ5~10cmになります。
葉は葉柄があって根生し、幅1.5~3.5cmほど円心形で、葉の縁には低い鋸歯があります。
葉には厚みと光沢があり、表側に巻きます。
托葉は羽状に深裂します。
花は直立する花柄の先端につき、径2~2.5cmほどで横向きに咲きます。
花は淡紫色~紫紅色で、花弁はまるく、縁が波打つものもあります。
花の後方に5mmほどの白い距があります。
果実は蒴果で熟すと3裂して、種子を飛ばします。
名前 イソスミレ (磯菫) 、セナミスミレ (瀬波菫) 、ケイソスミレ (毛磯菫) 、イソタチツボスミレ (磯立壺菫)
花咲く季節 ? 4月、5月
分布または原産地 ? 日本(北海道西南部、本州:北部~鳥取県の日本海沿岸)
指定植物 ? VU:絶減危惧II類、日本固有種
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 50〜100mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 根生、互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 単生
花弁の数 ? 5
花の色 ? 紫、桃
花径 ? 20〜25mm
葉の色 ?
日本花き取引コード ? 8652
検索サイトの検索キー ? イソスミレ