図解ガイドnew花の色が変化しますnew6月の過去記事いいねしよう

エイザンスミレ

スミレ科 スミレ属

Viola eizanensis var. eizanensis

〔基本情報〕
山地の落葉樹林でみられる高さ5~15cmの多年草。
短い地下茎をもちます。
葉は根生し、長さ5~9cmほどで基部まで3裂し、裂片がさらに裂けます。
葉は開花後に大きくなり、長さ10~15cmにもなります。
花は直立する花柄の先端につき、径2~2.5cmほどで、淡い紅紫色から白色まで色幅があり、紅紫色の筋がはいることもあります。
花弁の縁は波打つことが多く、側弁の基部には毛があります。
花には香りがあります。
花の後方に太く短い距があります。
果実は蒴果で熟すと3裂して、種子を飛ばします。

〔栽培〕
増殖は実生、根伏せ、株分けによります。
水はけがよく、腐植質に富んだ土壌を好みます。
秋から春は日向、夏は半日陰になる場所に置くのがよく、地植えの場合は落葉樹の下に植えるとよいです。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は夏に晴天が続いて乾燥しないかぎり降雨にまかせます。
肥料は元肥のほか、春~秋に薄めた液肥を2週に1回施します。
病虫害としてはうどんこ病、アブラムシ、ハダニ、ヨトウムシ、ツマグロヒョウモンなどがあります。
名前 エイザンスミレ (叡山菫) 、エゾスミレ (蝦夷菫)
花咲く季節 ? 3月、4月、5月
分布または原産地 ? 日本(本州、四国、九州)
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? ナンザンスミレ、ヒゴスミレ
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月、9月
草丈・樹高 ? 50〜150mm
葉の形 ? 分裂葉
葉の生え方 ? 根生
花のつき方 ? 単生
花弁の数 ? 5
花の色 ? 桃、白
花径 ? 20〜25mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、株分け
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性、耐暑性
用途適性 ? 盆栽、鉢植、公園・庭園
病害 ? うどんこ病
虫害 ? アブラムシ、ハダニ、ヨトウムシ、ツマグロヒョウモン
動物との関わり ? 種子にアリの好む物質でできた白い付属体(エライオソーム)があり、アリによって巣まで運ばれることで散布されます。
日本花き取引コード ? 32037
検索サイトの検索キー ? エイザンスミレ