おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

オオバキスミレ

スミレ科 スミレ属

Viola brevistipulata subsp. brevistipulata var. brevistipulata

〔基本情報〕
山地の林縁や草原でみられるスミレで、高さ10~30cmになる多年草。
太く、匍匐する地下茎があります。
地上茎をもちます。
葉には根出葉と茎につく葉があります。
根出葉は長さ3.5~7cm・幅2~6cm、茎につく葉は長さ3~10cm・幅2.5~9cmの心形~卵形となり、縁には粗い波状の鋸歯があります。
葉の両面は無毛です。
葉柄は根出葉では長く、茎につく葉では長さ0.5~2cmで、托葉はほぼ全縁です。
花は長さ3~7cmの花柄の先端につき、径1.5cmほどで黄色です。
唇弁と側弁には紫色の筋があります。
距は短いです。
果実は蒴果で熟すと3裂して、種子を飛ばします。

〔栽培〕
増殖は実生、株分けによります。
水はけのよい土壌を好みます。
秋~春は日当たりがよく、夏は半日陰で涼しい環境にします。
冬の寒風も避けるようにします。
名前 オオバキスミレ (大葉黄菫)
花咲く季節 ? 4月、5月、6月、7月
分布または原産地 ? 日本(北海道:道南地方、本州:東北地方~京都府)
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月
草丈・樹高 ? 100〜300mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生、根生
縁の形 ? 鋸歯
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、株分け
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植
検索サイトの検索キー ? オオバキスミレ

「オオバキスミレ」への投稿写真