筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

アリアケスミレ

スミレ科 スミレ属

Viola betonicifolia var. albescens

〔基本情報〕水田のあぜや河川敷など日当たりがよく湿った場所を好む多年草。
短い地下茎をもちます。
葉は長い葉柄があって根生し、長さ4~7cm、幅2cmほどの線状披針形で、葉の縁には低い鋸歯があります。
果実の時期に出る葉は基部が耳状に張り出して三角状披針形になります。
托葉は披針形です。
花は直立する長さ5~15cmの花柄の先端につき、径2cmほどで横向きに咲きます。
花の色には変異があり、ほとんど白色のものから紫色の筋がめだつものまであります。
花の後方に太く短い距があります。
果実は蒴果で熟すと3裂して、種子を飛ばします。
名前 アリアケスミレ (有明菫)
花咲く季節 ? 4月、5月
分布または原産地 ? 日本(本州、四国、九州)、朝鮮、中国東北部
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 50〜150mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 根生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 単生
花弁の数 ? 5
花の色 ? 紫、白
花径 ? 20mm
葉の色 ?
日本花き取引コード ? 8635
検索サイトの検索キー ? アリアケスミレ