筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ヤマネコノメソウ

ユキノシタ科 ネコノメソウ属

Chrysosplenium japonicum var. japonicum

〔基本情報〕林床~林縁や湿り気のある石垣などでみられる多年草。
送出枝はありません。
葉には根出葉と花茎につく茎葉があります。
根出葉は長さ0.5~2cm、幅0.8~3cmの円腎形で、縁に7~11個の浅い鋸歯があります。
葉柄は2~7cmです。
高さ10~20cmの花茎をのばし、花茎には茎葉が1~2個互生します。
茎葉は円腎形~卵円形で縁に浅い鋸歯があり、長い葉柄をもちます。
花茎の先に径2~3cmの集散花序を出し、6~10個の花をつけます。
花序には葉状で卵形の苞があります。
花は径4~5mmで花弁はなく、緑色です。
果実は蒴果で多数の種子が含まれます。
花後、花茎の基部に楕円状の珠芽(むかご)をつくり、種子以外に珠芽でも繁殖します。
名前 ヤマネコノメソウ
花咲く季節 ? 3月、4月
分布または原産地 ? 日本(北海道西南部~九州)、朝鮮、中国東北部
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 100〜200mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生、根生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 集散花序
花の色 ?
花径 ? 4〜5mm
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ヤマネコノメソウ

「ヤマネコノメソウ」への投稿写真