• オリーブの葉でいれるお茶new
  • 12月の過去記事
  • Facebookページにいいね!しよう
  • サイハイラン

    ラン科 サイハイラン属

    Cremastra appendiculata var. variabilis

    〔基本情報〕丘陵~山地の湿潤な林内にはえる多年草。
    地下に卵形の偽鱗茎があり、毎年1個ずつできて数個がつながります。新しい偽鱗茎から1枚だけ葉が出ます。
    葉は長さ25~40cm、幅4~5cmの狭長楕円形で、先がとがります。古い葉は新しい葉が出るまで枯れずに残ります。
    偽鱗茎から出る高さ30~50cmの直立する花茎の上部にやや密な総状花序をつけ、10~20花が斜め下向きに咲きます。
    花は紅紫色を帯びた淡い緑褐色で、半開します。
    萼片と側花弁は同形同大で、長さ3~3.5cm、幅5mmほどの線状披針形で先は尖ります。
    唇弁は長さ3cmで3裂し、基部が肥厚して棍棒状の蕊柱を抱きます。

    〔備考〕花序の形を采配に例えた名です。地域によりレッドデータに登録されています。
    名前 サイハイラン (采配蘭)
    花咲く季節 ? 5月、6月
    分布または原産地 ? 日本(北海道-九州)、南千島、サハリン南部、朝鮮南部、台湾、中国、ヒマラヤ
    生活型 ? 多年草
    生活様式 ? 地生
    草丈・樹高 ? 300〜500mm
    葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
    葉の生え方 ? 根生
    縁の形 ? 全縁
    花のつき方 ? 総状花序
    花の色 ?
    葉の色 ?
    日本花き取引コード ? 70172
    検索サイトの検索キー ? サイハイラン

    「サイハイラン」への投稿写真