大鳥神社とヤツガシラnewインスタ9月の過去記事

ウォーターバコパ

オオバコ科 オトメアゼナ属

Bacopa caroliniana

〔基本情報〕
水底の泥に根を張る沈水~抽水性の多年草。
茎は0.5~1mにものびます。
水中葉と水上葉を出します。
葉は対生する単葉で、長さ1~2cmほどの卵状楕円形で厚みがあり、つぶすとレモンのような香りがします。
水上葉の葉腋に花を単生させます。
花冠は径1cmほどで5裂し、淡い青紫色です。
果実は蒴果です。
名前 ウォーターバコパ
giant red bacopa、lemon bacopa、water hyssop
花咲く季節 ? 5月、6月、7月、8月、9月
分布または原産地 ? アメリカ合衆国南部
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生、水生
形状 ? 匍匐
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 単生
花の色 ? 青、紫
花径 ? 10mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
用途適性 ? アクアリウム、アクアテラリウム
日本花き取引コード ? 46745
検索サイトの検索キー ? ウォーターバコパ

「ウォーターバコパ」への投稿写真