かんきつ事情new図鑑充実投稿数制限7月の過去記事

チョウセンマキ

イチイ科 イヌガヤ属

Cephalotaxus harringtonia ‘Fastigiata’

〔基本情報〕
イヌガヤの園芸品種。
高さ1~3mになる常緑針葉低木。
よく枝分かれし、枝が上向きに伸びます。
葉はらせん状につき、イヌガヤのように2列に並びません。
葉は線形で、先端が短くとがりますが触っても痛くありません。
葉の表面は深緑色で、裏面には白い気孔帯があります。
開花はみられません。

〔栽培〕
増殖は挿木によります。
やや移植を嫌います。
日当たりと水はけがよく、適度に湿り気のある肥沃な場所を好みます。
耐陰性があり、半日陰程度なら耐えます。
水やりは鉢植えや地植えでも植えつけ後2年未満の株は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えで根づいた株は降雨にまかせます。
施肥は寒肥として有機質の肥料を株のまわりに施します。
強く刈り込むとイヌガヤのような葉が2列に並ぶ枝が出ることがあります。
病虫害は特にありません。
名前 チョウセンマキ (朝鮮槙) 、バンダイガヤ
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 針葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、9月、10月
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 1000〜3000mm
葉の形 ? 線形
葉の生え方 ? 互生
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 挿木
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐陰性
用途適性 ? 鉢植、切り花、公園・庭園
日本花き取引コード ? 20800
検索サイトの検索キー ? チョウセンマキ

「チョウセンマキ」への投稿写真