おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

カルミア

ツツジ科 カルミア属(ハナガサシャクナゲ属)

Kalmia latifolia

〔基本情報〕
原産地では高さ3~9mになる常緑低木または小高木。
よく枝分かれします。
葉は互生する単葉で、長さ3~12cm、幅1~5cmの長楕円形~楕円状披針形となり、厚みがあります。
葉の縁は全縁です。
葉柄は長さ1~3cmです。
枝先に円錐花序を出し、径1.5~2.5cmで白~ピンク色の花を20~40個つけます。
つぼみ金平糖のような形をしていて、色が濃いです。
花は開くと5角形状の皿形で、雄しべの葯を収納するポケットがあります。
雄しべは10本あり、昆虫などによって刺激を受けると飛び出して、花粉を散らします。
果実は蒴果です。

〔利用〕
材は有用で、根もブライヤーパイプの代用材にされます。
葉は有毒ですが、薬用にされます。

〔栽培〕
増殖は実生、取木によります。
発根率が悪いですが挿木、接木も可能です。
水はけと風通しのよい肥沃な酸性土壌を好みます。
乾燥する場所は避けるかマルチングなどをして株元の乾燥を防ぎます。
春~秋までは西日や夏の直射日光が当たらない半日、秋~春は寒風を避けられる日向に置くのがよく、地植えの場合は落葉樹の陰になるような場所がよいです。
水やりは鉢植えの場合、秋~春は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、真夏は気温が低い朝と夕方の2回葉にもかかるように与えます。
地植えの場合は夏以外は降雨にまかせますが、夏は気温が低い朝もしくは夕方に葉にもかかるように与え、冬は乾燥が続くようであれば暖かい日の午前中に水やりをします。
施肥は寒肥、花後のお礼肥、秋の計3回、有機質の肥料か3成分等量の緩効性化成肥料を株の周りに施します。
剪定は行わず、春~初夏に芽かきを行うことで樹形を整えます。
花がらはこまめに摘みます。
病虫害としては褐斑病、花腐菌核病、ペスタロチア病、アブラムシ、カイガラムシ、ハマキムシ、グンバイムシなどがあります。
名前 カルミア 、アメリカシャクナゲ (亜米利加石南花、亜米利加石楠花)
mountain laurel、spoonwood、calico-bush
花咲く季節 ? 4月、5月、6月
分布または原産地 ? 北アメリカ東部
生活型 ? 低木、小高木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、10月、11月
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 300〜900mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 円錐花序
花の色 ? 赤、桃、白
花径 ? 15〜25mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木、株分け
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
土壌酸度 ? 酸性
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 鉢植、公園・庭園、コンテナ
病害 ? 褐斑病、花腐菌核病、ペスタロチア病
虫害 ? アブラムシ、カイガラムシ、ハマキムシ、グンバイムシ
有用 ? 薬用、その他クラフト
日本花き取引コード ? 26165
検索サイトの検索キー ? カルミア