桃色のカリンnew今日は菖蒲湯にいいねしよう

ガビサンヤマボウシ

ミズキ科 サンシュユ属(ミズキ属)

Cornus hongkongensis subsp. melanotricha

〔基本情報〕高さ3~12mほどになる常緑低木~高木。
葉は対生する単葉で、長さ6~10cm、幅2.7~5cmの楕円形、全縁です。
葉にはふつう3本の脈がめだちます。
葉の裏面の脈腋には、しばしば黒褐色の毛状突起がみられます。
花は緑黄色の小さな4弁花で、枝先に出る径1cmほどの頭状花序に40個ほどつきます。
花序の基部には長さ2~4cm、幅1~3.5cmで楕円形の花弁状の総苞片が4枚あります。
総苞片ははじめ黄緑色で、のちに乳白色になります。
果実は径2~2.5cmの楕円形の複合果で赤く熟します。

〔栽培〕増殖は実生、接木によります。
早春の移植や剪定は樹が弱るので避けます。
日当たりと水はけ、水もちがよく肥沃な適湿地を好み、強い日射しが幹にあたるのを嫌います。
乾燥地、痩地では葉が萎縮する上、病虫害を受けやすくなります。
剪定を嫌い、樹形がくずれるので枝の切りつめを必要としない十分な空間を確保するのがよいです。
根が粗く発根しにくいので成木の移植はむずかしく、移植する場合は根回しが必要です。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は降雨にまかせます。
施肥は寒肥として有機肥料を株元に施します。
病虫害としてはうどんこ病があります。
名前 ガビサンヤマボウシ (峨眉山山法師)
花咲く季節 ? 5月、6月
実のなる季節 ? 10月、11月、12月
分布または原産地 ? 中国(貴州省、湖南省、四川省、雲南省)
生活型 ? 低木、小高木、高木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、5月、10月、11月
形状 ? 直立、分枝
草丈・樹高 ? 3000〜12000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 頭状花序
花弁の数 ? 4
花の色 ?
実の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、接木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通、湿潤
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植、生垣、公園・庭園、街路樹
病害 ? うどんこ病
日本花き取引コード ? 75897
検索サイトの検索キー ? ガビサンヤマボウシ