ウワバミソウ new6月の過去記事いいねしよう

アンゲロニア

オオバコ科 アンゲロニア属

Angelonia  

〔基本情報〕寒さに弱いため日本では一年草として扱われる多年草。
葉はふつう対生する単葉ですが、茎の上部では互生することもあります。
花は葉先に単生するか茎先の総状花序につきます。
花冠は5裂し、花筒部はごく短いです。
果実は蒴果で、よく結実します。

〔栽培〕増殖は実生や挿芽によります。
高温を好むので十分に気温が上がってから播種をおこないます。
日当たりと水はけがよく、やや湿り気のある肥沃な場所を好みます。
高性の品種は倒れやすいので支柱が必要です。
鉢植えの場合は土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えます。
庭植えの場合は晴れ間が続き乾燥しないかぎり、潅水は必要ありません。
施肥は開花期に緩効性化成肥料を施します。
肥料切れと水切れに注意すれば、花を長期間楽しめます。
花後に1/2~2/3ほどの高さで腋芽の上から切戻すと、腋芽が伸びて、開花します。
病虫害としては灰色かび病、アブラムシ、ナメクジなどがあります。
梅雨時と秋の長雨で多湿になると灰色かび病が発生しやすくなります。
風通しを良くすることで予防できます。
名前 アンゲロニア
花咲く季節 ? 6月、7月、8月、9月、10月
分布または原産地 ? メキシコ~ブラジル、西インド諸島
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 5月、6月、7月
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生、互生
花のつき方 ? 単生、総状花序
花の色 ? 青、紫、桃、白、複色
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿芽
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐暑性
用途適性 ? 鉢植、花壇、公園・庭園、コンテナ
病害 ? 灰色かび病
虫害 ? アブラムシ、ナメクジ
日本花き取引コード ? 45381
検索サイトの検索キー ? アンゲロニア