筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ケルベラ

キョウチクトウ科 ミフクラギ属

Cerbera  

〔基本情報〕常緑低木~高木。
原産地では海岸でよくみられます。
枝を切ると白色の乳液が出ます。
葉は互生する単葉で、枝先に集まってつきます。
葉は長さ10~25cm、幅2.5~4cmほどの幅の広い倒披針形、全縁です。
枝先に散房状の総状花序を出し、花を数個つけます。
花は白色~桃色で、花冠は高盆形で5裂します。
果実は大きく楕円形で、海に落ちて漂流し、散布されます。

〔栽培〕増殖は実生、取木、挿木によります。
日あたりのよい場所を好みます。
日陰ではひょろひょろと間延びします。
冬越しには10度以上必要なので、冬は室内にとりこみます。
鉢植えの場合、春から秋は土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。
冬は乾かし気味に管理します。
施肥は種が根元にある若い時期は特に必要なく、種がなくなったら春から秋に緩効性肥料や液肥を与えます。

〔備考〕ケルベラの名で複数の種が流通し、またそれらの種も別種ではなく1種とする考えもあり現時点では流動的です。
名前 ケルベラ
分布または原産地 ? 熱帯アジア
生活型 ? 低木、小高木、高木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
形状 ? 直立、分枝
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 総状花序
花の色 ? 桃、白
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ? 種、挿木、取木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐暑性、非耐寒性
用途適性 ? ハイドロカルチャー、鉢植
日本花き取引コード ? 57297
検索サイトの検索キー ? ケルベラ