筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ヘリコニア

オウムバナ科 オウムバナ属

Heliconia  

〔基本情報〕
多年草。
地下に根茎をもちます。
茎のように見える部分は、葉鞘が重なり合った偽茎と呼ばれるものです。
葉は2列に互生する単葉で長楕円形、全縁です。
葉の間から花序を出します。
開花は温度さえあれば周年可能です。
花序は直立または下垂し、着色した美しい苞が2列に多数並びます。
苞は2つ折れになる舟形で、色は橙色、黄色、赤色、緑色、複色などさまざまです。
花は苞の中にあり筒状で小さく、目立ちません。
原産地ではハチドリによって受粉されます。
果実は蒴果です。

〔栽培〕
増殖は株分けによります。
高温多湿を好み、冬越しには10~15℃以上必要です。
水はけがよい肥沃な土壌を好みます。
真夏の直射日光では葉やけを起こすので半日陰に移すか遮光をし、秋~春は十分に日に当てます。
水やりは春~秋の生育期間中は水切れを起こさないように土の表面が乾いてきたらたっぷりと与え、冬は乾かし気味に管理します。
施肥は元肥以外は特に必要ありません。
病虫害は特にありません。
名前 ヘリコニア
lobster-claws、false bird-of-paradise、wild plantains、toucan peak
花咲く季節 ? 6月、7月、8月、9月
分布または原産地 ? 熱帯アメリカ、南太平洋諸島
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 5月、6月
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 株分け
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 乾燥、普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐暑性、非耐寒性
用途適性 ? 公園・庭園
日本花き取引コード ? 14401
検索サイトの検索キー ? ヘリコニア

「ヘリコニア」への投稿写真