筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

シマサザンカ

ツバキ科 ツバキ属

Camellia brevistyla

〔基本情報〕高さ1~3.5m、まれに5~8mほどになる常緑低木。
葉は互生する単葉で、長さ1.5~5.5cm、幅0.7~3cmの楕円形~倒卵状楕円形です。
短い葉柄があります。
花はふつう冬芽の第一鱗片葉の腋に単生します。
花は径1.5~2.5cmで、花弁は5~7枚あり、白または淡いピンク色です。
果実は蒴果で径1~1.8cmの球状です。
名前 シマサザンカ (島山茶花) 、タイワンサザンカ (台湾山茶花) 、シマヤマサザンカ (島山山茶花)
花咲く季節 ? 10月、11月、12月
実のなる季節 ? 9月、10月
分布または原産地 ? 中国南東部、台湾
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 1000〜8000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 単生
花弁の数 ? 5;7
花の色 ? 桃、白
花径 ? 15〜25mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植、生垣、公園・庭園
検索サイトの検索キー ? シマサザンカ