ウワバミソウ new6月の過去記事いいねしよう

タマフリノキ

カキノキ科 カキノキ属

Diospyros cathayensis

〔基本情報〕
原産地では標高600~1500mの渓谷や山地の森林でみられる高さ10m、径80cmになる常緑または半常緑小高木。
枝は目立たない刺で覆われ、毛がはえます。
葉は互生する単葉で長さ4~11cm、幅1.5~3.6cmの長楕円形で薄い革質です。
葉の表面には光沢があります。
雌雄異株です。
雄花はふつう集散花序につき、ごくまれに単生します。
雄花は長さ5~7㎜で淡い黄色、花冠は壺状で先が4裂して反り返り、雄しべが16個、退化した子房が1個あります。
雌花は単生し、長さ5㎜で白色、花冠は壺状で先が4裂して反り返り、退化した雄しべが6個あります。
雌花には芳香があります。
果実は径1.5~3cmの球形~卵形で黄色~黄橙色に熟し、表面にはまばらに毛がはえます。
果柄は長く、果実は下向きにぶら下がります。
萼が大きく発達します。
果肉は甘みがあり渋みもなく、食べられます。
種子は長さ1.6~2cm、幅7~8㎜の長楕円形で4個あります。

〔栽培〕
増殖は実生、接木によります。
種子はとりまきとします。
日当たりが良い場所であれば土質は特に選びません。
水やりは鉢植えの場合は春~秋は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、冬は乾かし気味に管理します。
地植えの場合は降雨にまかせます。
施肥は春~秋に緩効性の肥料を月に1回置き肥します。
実をつけたい場合は雄株と雌株を用意し、人工授粉を行います。
病虫害は特にありません。
名前 タマフリノキ (魂振木) 、シセントキワガキ (四川常磐柿)
花咲く季節 ? 4月、5月、6月
実のなる季節 ? 8月、9月、10月
分布または原産地 ? 中国
生活型 ? 小高木
常緑・落葉 ? 常緑、半常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 10000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 単生、集散花序
花の色 ? 黄、白
実の色 ? 橙、黄
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、接木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 乾燥、普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 盆栽、鉢植、公園・庭園
検索サイトの検索キー ? タマフリノキ