筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

キミノガマズミ

レンプクソウ科 ガマズミ属

Viburnum dilatatum f. xanthocarpum

〔基本情報〕
ガマズミの野生品種で、高さ2~5mほどの落葉低木。
全体に毛が多くはえます。
若い枝には毛が密生します。
葉は対生する単葉で、長さ5~14cm、幅3~13cmで倒卵形、卵形、円形などさまざまです。
葉の両面に毛があり、側脈は6~9対でほぼ真っ直ぐのびて縁に不揃いの鋸歯があります。
葉の裏面には細かい腺点とともに下部の縁近くに目立つ1~3対の腺点があります。
葉柄は1~3cmと長く、托葉はありません。
枝先に径5~12cmの平らな散房花序を出し、花序の基部には1対の葉があります。
花は径5~8mmで白色、独特の匂いがあります。
花冠は5裂し、5本の雄しべが長く突き出ます。
果実は長さ6~8mmで黄色く熟します。

〔栽培〕
増殖は実生、挿木によります。
実生の場合は熟した果実を採り、果肉をよく洗い流してから播きます。
日当たりがよいか半日陰で水はけがよい腐植質に富んだ場所であれば土質を選ばすよく育ちます。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は夏に晴天が続いてひどく乾燥しないかぎりは降雨にまかせます。
施肥は寒肥のほか、花後にお礼肥として3成分等量の緩効性化成肥料を施します。
剪定は行わず自然樹形を楽しみますが、コンパクトにまとめたい時は花後のなるべく早い時期に芽の少し上で切るようにします。
風通しが悪いとうどんこ病やカイガラムシが発生しやすいので注意が必要です。
名前 キミノガマズミ (黄実莢蒾)
花咲く季節 ? 5月、6月
実のなる季節 ? 9月、10月、11月
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月、9月、10月、11月、12月
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 2000〜5000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 散房花序
花の色 ?
花径 ? 5〜8mm
実の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ? 種、挿木
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性、耐暑性
用途適性 ? 盆栽、鉢植、花壇、切花、公園・庭園、コンテナ、ベランダ
病害 ? うどんこ病
虫害 ? カイガラムシ
味覚 ? 酸味
食用 ?
有用 ? その他クラフト
検索サイトの検索キー ? キミノガマズミ

「キミノガマズミ」への投稿写真