いよいよ最終ジャッジ!newインスタをフォロー6月の過去記事

オカタツナミソウ

シソ科 タツナミソウ属

Scutellaria brachyspica

丘陵地の林縁にはえる高さ10~50cmの多年草。
茎は短い地下茎から直立し、下向きの毛が密にはえます。
葉は対生する単葉で、長さ1.5~5cm、幅1~4cmの広卵形~三角状卵形で、縁に波状の鋸歯があります。
葉の両面とも軟らかい毛がやや密にはえます。上部の葉の方が大きく、裏面に腺点があります。
葉柄は長さ1~2cmです。
茎先に短い総状花序を出し、花は2個ずつ一方向に偏ってつきます。花序は上部の葉にくっつきます。
花冠は淡い紫色で、長さ2cmほど、筒部が基部で折れ曲がって立ち上がる唇形花で上唇はかぶと状となり、下唇は3裂します。
名前 オカタツナミソウ (丘立浪草)
花咲く季節 ? 5月、6月
分布または原産地 ? 日本(本州、四国)
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 100〜500mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 総状花序
花の色 ?
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? オカタツナミソウ