• カール状の鱗片葉new
  • 編集記事一覧
  • エゾオオヤマハコベ

    ナデシコ科 ハコベ属

    Stellaria radians

    〔基本情報〕やや湿った草原にはえる高さ50~80cmほどの多年草。
    茎や葉には絹状の毛を密生するため白っぽく見えます。
    茎は直立し、断面が四角形、上部で枝分かれし、毛が多くはえます。
    葉は対生する単葉で、長さ6~12cm、幅1~2.5cmの披針形で先がとがり、両面に絹毛がはえます。
    ふつう葉柄はありません。
    茎先や葉腋に集散花序をつけます。
    花は径2cmほどの白色の5弁花ですが、花弁は広倒卵形で多くの細い裂片に裂けます。雄しべは10本です。
    果実は長さ9mmの円柱状の蒴果で6裂します。
    種子は長さ2mmの腎円形で黒色、表面に隆起した網目模様があります。
    名前 エゾオオヤマハコベ (蝦夷大山繁縷)
    花咲く季節 ? 6月、7月、8月
    分布または原産地 ? 日本(北海道、本州北部)、アジア北東部
    生活型 ? 多年草
    生活様式 ? 地生
    形状 ? 直立
    草丈・樹高 ? 500〜800mm
    葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
    葉の生え方 ? 対生
    縁の形 ? 全縁
    花のつき方 ? 集散花序
    花弁の数 ? 5
    花の色 ?
    花径 ? 20mm
    葉の色 ?
    検索サイトの検索キー ? エゾオオヤマハコベ

    「エゾオオヤマハコベ」への投稿写真